便秘と食物繊維の関係性

便秘は深刻な悩みの一つです。なかなか思うように出なくて悩んでる方、食生活を見直してみませんか。1日20gの食物繊維を摂取すること推奨されてますが、現代人の平均は1日10g以下だそうです。食物繊維には水溶性と不溶性があって、水溶性は有害物質を吸着して外に流し、不溶性は腸の蠕動運動を盛んにし、消化管を通過する時間を短縮させます。消化管内で水分をかかえ込んで容積を増加させます。それによって糞便の量を増やして便の排泄を促進します。果物や野菜、海藻類、豆類に多く含まれます。和食なら比較的摂取しやすいようです。

ダイエットに水溶性食物繊維

水溶性食物繊維を食事中に摂取すると、食後の血糖値上昇を抑えることができます。コレステロールや中性脂肪の吸収を抑制する働きもありますから、高血圧や肥満などの生活習慣病を予防するためにも欠かせないものです。代表的な水溶性食物繊維としては、野菜や果物に多いペクチンが有名です。コンニャクに含まれるものはグルコマンナンで、海藻に多いのがフコイダンやアルギン酸となります。これらの成分を主食を食べる前に摂取することで、太りにくい食事にすることも可能です。

美容ケアとメイクの情報